松島幸太郎、ようこそクレルモンへ!

image description

ワールドカップ前回大会で現れた新しいスター(5トライ、内3トライは開幕戦でハットトリック)、松島幸太郎(ユーティリティーFB、26才、36キャップ)が来季から2シーズン、ASMクレルモン・オーヴェルニュと契約した。現在サントリーサンゴリアスでプレーしているブレイブブロッサムズのユーティリティーFBの松島は、世界中の多くのクラブチームから注目されていたが、最終的にフランス、オーヴェルニュ地方のクレルモン=フェランで、2022年までラグビープレーヤーとしてのキャリアをさらに追い求めることを選んだ。世界中のクラブチームがもっとも欲しがるプレーヤーの1人である松島を説得することに成功したクレルモンの経営陣。素晴らしいリクルートだ。松島は、2020年夏、スタッド・マルセル・ミシュランとTOP14を初めて体験することになる。

 

ワールドカップ前回大会でのスターの1人が、クレルモンの「イエロー&ブルー」のジャージをまとう姿を、オーヴェルニュの人々はもうすぐ見ることができる。松島幸太郎がクレルモンと2年間の契約にサインした。日本ラグビー史上初、ワールドカップ(開幕ロシア戦)でハットトリックを達成した選手である。ワールドカップ前回大会で現れた真のスターだ。彼の切り裂くようなラン、火を吹くようなステップは、ラグビー界を沸かせた。その松島がクレルモンでキャリアを積むことを選んだ。「チームにとって、この地方にとって、そして我々のサポーターにとっても、素晴らしいニュースだ。」 ASMクレルモン・オーヴェルニュのスポーツディレクターのフランク・アゼマは喜ぶ。「彼がフィールドでどんなプレーができるのかは世界中の人が見た。いまは日本のサントリーサンゴリアスで(FBのポジションで)トップリーグのシーズンが始まったところ。FBWTBがプレーできる彼が加入することによって、チームに武器がひとつ増えることになる。スペースを創り出し、周囲を活かすことができるという素晴らしいポテンシャルを持っていて、プレーのオプションをさらに増やしてくれるだろう。彼のスキルや身体能力は、我々が目指しているラグビーに完璧にマッチする。来季から松島がチームの一員になってくれて、大変幸せであり、光栄でもある。クレルモンのジャージを着て、彼の持つすべての能力を発揮してもらえるよう、またチームの目標達成の手助けをしてもらえるように、1日も早くチームに馴染めるよう、彼を全面的に支援する。」

 

ワールドカップで日本代表チームに大きく貢献(5試合で5トライ、大会トライ数ランキング3位)、日本のファンを沸かせたが、フランスのTOP14でも魅力のあるプレーを披露して、クレルモンのホームスタジアムであるスタッド・マルセル・ミシュランを大いに盛り上げてくれるに違いない。チームのサポーター「イエロー・アーミー」も待ち構えている!

 

南アフリカ(シャークス)、オーストラリア(ワラターズ、レベルズ)で経験を積み、ジャパンラグビートップリーグで優勝(2017、2018)。そして来季から2022年6月までクレルモンでプレーすることになった。

 

「僕の目標は、クレルモンというフランスの、またヨーロッパのラグビーにおいて素晴らしい歴史を持つチームに、自分の持っているすべての能力を活かして貢献すること。偉大なラグビーチームに加入すること、僕を本当にチームの目標を達成するための一員として求めてくれるチームに加入することを希望していた。クレルモンの人たちとは長い間話し合ってきた。僕が加入することに熱意を示してくれていた。このチームに加入して、ラグビーをしたいと思った。僕を最初から支えてくれ、寄り添って、成長させてくれ、そして今回の決断も理解してくれたサントリーサンゴリアスに感謝している。いくら感謝しても感謝しきれない。サンゴリアスのスタッフやチームメイトと一緒に、今季優勝に向けて全力で取り組む。」

 

 

松島幸太郎

  • 1993年2月26日 プレトリア(南アフリカ)生まれ
  • 1.78m、88kg
  • FB、WTB
  • 来歴:桐蔭学園高等学校(日本)、Stade Toulousain(フランス、エスポワール、2011)、シャークス(南アフリカ、2011-2013)、サントリーサンゴリアス(日本、2013-2014)、ワラターズ(オーストラリア、2015)、レベルズ(オーストラリア、2016)、サントリーサンゴリアス(日本、2017-2020)
  • 主な受賞歴:トップリーグ優勝(2017年、2018年)
  • 日本代表チーム:36キャップ(19トライ)
  • ワールドカップ:2大会出場、2015年(4試合スターティング、1トライ)、2019年(5試合スターティング、5トライ)